<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE

1990年より、日本、アメリカ、香港、韓国の4カ国にて人材ビジネスに従事。これまでの海外生活と国際間の人材採用、就職・転職のお手伝いをしてきた経験を通じて、現在、海外で活躍する / したい和食料理人をサポートするキャリアサービス『FindChef』を展開中。韓国には子会社を設立し、レストランを含む海外進出のコンサルティングも行っている。

SEARCH
ARCHIVES
TAGS
OTHERS
英語に自信がない場合、どのような案件を狙うべきか?
 まだ海外で働いた経験がない方、今現在の語学力として英語にそれほど自信がない方は、日本人オーナーのレストランか外国人オーナーのレストランでも料理長が日本人であり、その下に付くようなポジションを狙ってみてはいかがでしょうか?

 日本人オーナーのレストランの場合、応募書類も日本語の履歴書可というところもありますし、最初はやる気と熱意があればOK、語学は現地で勉強していけば良いというレストランもそれなりにあります。

 また稀ではありますが、ホテル内の日本食レストランの場合、日本人が多く宿泊するホテルでは、日本語の専門通訳がいたりする場合があり、その通訳を介して話をすることも可能なため、語学よりも技術・経験だけで採否を決定するというところもあったりもします。

 まずは、そのようなポジションで海外経験を積み、同時に語学もしっかり勉強し、もしそのポジションが自分自身の求めるキャリアとイメージが異なる場合は、語学がある程度できるようになってから、次の転職を検討するというのも良い方法だと思います。

自分が調理した料理の写真を残しておこう!
 海外案件への応募は、距離の問題もあり、すぐに直接お会いして面談とはいきません。そのため、応募書類を提出し、書類選考の過程で、ご自身が調理した写真をいくつか送って欲しいということになるケースが比較的多くあります。

 海外への応募に慣れている方々の中には、これまでの自身の作品として既に撮影済みでコンピュータに保存してあり、すぐに送れる状態の方もいらっしゃいますが、多くの方はその時点で慌てて撮影することになります。

 たしかに普段の仕事の中で調理した写真を撮ってなんていられませんよね・・・とも思うのですが、要望があってから撮影をして送るとすると1週間~2週間程度の時間を要することになり、採用担当者に「本当にうちに興味があるのか?」というように思われてします可能性も否定できません。

 また、離職してしまって現在就職活動中という状態になってしまってからでは、知合いの店舗等にお願いして調理場を貸してもらったり、調理する食材を調達したりと撮影が一層大変になってしまいます。

 どこかのタイミングで自分の調理した料理の写真は、あらかじめ撮影し、残しておくことをお薦めします。理想は、ひとつふたつの料理だけではなく、種類も幅広くです。
英語ができないと海外就職は無理か?
 英語ができないと海外就職は無理かという問いに関しては、結論から申し上げれば可能です。

 既に海外で働いている多くのシェフから「日本にいるときにもう少し英語を勉強しておけばよかった」という声をよく聞きます。この言葉からもおわかりの通り、裏返せば最初はあまりできずに海外に出たという方も多いということなのだろうと思います。

 実際に英語ができなくても習得していく意欲があればOKというポジションもそれなりに存在します。

 ただ、できた方が良いのはもちろんです。自身の海外での生活が楽になりますし、仕事上の上司・同僚とのコミュニケーションもスムーズになります。また、それ以上に仕事を探す上でも応募できる案件の幅が拡がり、選択肢が増えることになるのです。

 ビザ取得の条件として、英語の試験を課される国もあったりします。

 語学は突貫工事ではどうにもなりません。少しずつでも勉強していって欲しいですね。

 当社のFindChef-Agentサイトの「Chef Hiroの海外で働くガイド」も併せて読んでみてください。

インドのビザ
 私たちが海外就職をお手伝いした方が、インドの就労ビザを申請しました。申請日、発行日を含め4日程度で取得できました。申請書類もきちんとそろっていたこともあり、スムーズに発給されました。


インドビザ090723.GIF
海の日に感謝!
 昨日は「海の日」でした。特にジメジメした湿気の多い夏に突入しての3連休となりますから、一息つけます。日本は祝日が多くて嬉しいですね~。

 先週金曜日、お客様に「月曜は海の日で祝日ですので、次のご連絡は火曜日以降となりますのでご了承ください」とメールをしたところ、「ああ、日本は海の日ですか…祝日が多くて羨ましい…」というメールをいただきました。海外に出ると日本はお休みが多いというのを実感しますよね。

 この海の日、いつから祝日となったのでしょうか?昔はなかった祝日ですよね。私は、これができた年より前から海外生活していましたので、未だにピンとこないです。海の日は、1996年に制定された祝日のようです。当初は7月20日だったようですが、2003年から7月の第3月曜日ということになりました。どうやら、海の日は「海の恩恵に感謝するとともに海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としているということです。

 「海の恩恵に感謝するとともに海洋国家日本の繁栄を願う」というのは、一国民としては少し大きいな~と思いますが、「海の恩恵に感謝する」というのは「海の幸に感謝」と解釈できますね~。

 日本料理がこれだけ世界で人気が出て定着し、多くの日本人の料理人が世界で活躍しています。そのお手伝いをしている私としては、やっぱり「海の幸に感謝」の海の日ですね。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36