<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE

1990年より、日本、アメリカ、香港、韓国の4カ国にて人材ビジネスに従事。これまでの自身海外生活と国際間の人材採用、就職・転職のお手伝いをしてきた経験を通じて、海外で活躍する / したい料理人のためのキャリアサービス『FindChef-Agent』を展開中。2018年からは、料理人とそのご家族のより豊かで 充実したハッピーライフ&ネクストキャリアを応援するための会員組織『シェフズ倶楽部』を設立し、より幅広く料理人の活躍をサポートしている。

SEARCH
ARCHIVES
TAGS
OTHERS
今年もよろしくお願いします!
 今年も皆さんの海外就職のお役に立てるよう頑張っていきたいと思いますので、2012年もどうぞよろしくお願いいたします。

 当社は本日から営業開始いたしましたが、年末年始のお休み中にも、各国から数多くの問い合わせをいただきました。昨年とは違った動きになりそう・・・?なってほしい・・・などと思いながらの2012年初日を迎えています。

 今年も頑張っていきましょう!

良い年を!
 早いもので今年もあとわずかとなりました。

 今年は、本当にいろいろなニュースがありました。やはり何と言っても地震・津波・原発でしょうか・・・。

 このブログにも書きましたが、

各国で日本から食材の輸入停止
      ↓
「食材が入らない」「風評被害で売上減」
      ↓
日本人料理人の新規採用もストップ

という流れで、なかなか皆さんにも案件のご紹介がスムーズにできなかった一年であったように思います。

 来年は、これまで以上に新しい案件の獲得に努め、皆さんにもスムーズに良いポジションのご紹介ができるように頑張っていきたいと思います。

 今年1年、このブログをお読みいただきありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。

 良いクリスマス&新年をお迎えください!

ブログへのコメント記載について
 このブログには、皆様からのコメントを記載できるようになっています。
 
 記載の仕方ですが、私の書いた各ブログの下に「Comments」「Trackbacks」「edit」と書かれています。Commentsをクリックするとコメントを記載できるフォームが出てきますので、Comment欄に記載して「コメント送信」をクリックしてください。

 ブログに関連するコメントで皆様の体験や意見等、料理人の皆さんのためになるだろう内容を書いていただけると嬉しいです。

 またどなたかがコメントなさった場合は、Commentsの後の括弧内に(1)や(3)といったように数字が表示されます。この括弧内の数字はコメントを書いた人数です。他の方もお読みになれます。

 尚、不適切なコメントは、私の方で削除させていただくことがあるかもしれませんので、あらかじめご了承ください。

 よろしくお願いします。

「ガイアの夜明け」
 昨日、「ガイアの夜明け」というTV番組で、海外の寿司ブームを取り上げていました。

 「回転寿司の王者 アジアに挑む!」=国内外食市場が縮小していく中、韓国市場に挑む「あきんどスシロー」さんと「寿司職人を海外へ!」=寿司職人を養成している「寿司アカデミー」さんを中心に取材した1時間の番組でした。

 料理人の皆さんは、通常、仕事をしている夜の時間帯なので、ご覧になった方はあまり多くはなかったでしょうか?

 当社としては、料理人の海外就職をお手伝いしており、また韓国には直接の拠点を持っておりますので、私としても非常に興味深くこの番組を見ておりました。

 海外の日本食ブーム、寿司ブームは、今にはじまったことではないですが、このような形で取り上げられることは良いことですね。海外ではこんなチャンスがあるのか・・・と寿司職人を目指す方が更に増えていけば良いと思います。

 ただ既に海外で働いている、もしくは働いたご経験をお持ちの方々はおわかりだと思いますが、海外就職をし、海外で生活すると当然いろいろなことが起こりますよね。良いことも悪いことも・・・。

 仕事探しの方法、ビザ取得、雇用契約、働き始めてからの給与支払いやオーナーや従業員とのコミュニケーション(語学)等など。

 行ってから後悔することのないよう是非ともしっかりと情報収集をし、準備をしていただきたいと思います。 
 
現地通貨の給与金額をイメージする簡単ツール!
 海外の場合、その給与はもちろん円ベースではなく、現地通貨で提示(支給)されることがほとんどとなります。(国によっては、現地通貨ではなくUSドルベースで決められるケースもあります。)

 ただ私たち日本人は、現地通貨で給与提示されても、あまりピンこないですよね?米ドル/日本円やEuro/日本円ぐらいでしたら、ニュース等でも毎日報道されていますので、なんとなくどれぐらいのレートかはイメージできても、その他通貨までは調べないとわかりません。しかも、1ポンド、1ニュージーランドドル、1中国元といった単位ならまだしも、40,000ポンド、45,000ニュージーランドドル、25,000中国元となるとなおさらですね。

 ほとんどの方は、それらを日本円に換算して、「ああ、40,000ポンドだと○○円ぐらいだな」などと円に直してお考えになる方が多いと思います。

 中には、居住地のベースを日本ではなく、海外にお持ちになっているという方もいらっしゃいます。このような場合は、「25,000中国元だと○○○○オーストラリアドルぐらいだな」と居住地の通貨に換算して現地給与の金額をお考えになるのだと思います。

 最近は、こんなときに活躍する便利なツールがたくさんあります。

 例えば、皆さんがよく利用するヤフー。トップページ左のメニューから「ファイナンス」をクリック⇒ページ上段の「外国為替」をクリック⇒上段に「レート計算」ができるツールがあります。

 これを使うと下記の通貨を現レートで簡単に希望通貨に変換できます。

【対応通貨】
 アメリカドル、イギリスポンド、インドルピー、インドネシアルピア、エクアドルスクレ、エジプトポンド、オーストラリアドル、カナダドル、韓国ウォン、クウェートディナール、コロンビアペソ、サウジアラビアリヤル、シンガポールドル、スイスフラン、スウェーデンクローナ、タイバーツ、台湾ドル、中国元、チリペソ、デンマーククローネ、トルコリラ、日本円、ニュージーランドドル、ノルウェークローネ、パラグアイグァラニ、フィリピンペソ、ブラジルレアル、ベネズエラボリバル・フエルテ、ペルーソル、香港ドル、マレーシアリンギット、南アフリカランド、メキシコペソ、UAEディルハム、欧州ユーロ、ヨルダンディナール、ルーマニアレウ、レバノンポンド、ロシアルーブル

ご存じなかったという方は、今後、使ってみてください。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37