<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE

1990年より、日本、アメリカ、香港、韓国の4カ国にて人材ビジネスに従事。これまでの海外生活と国際間の人材採用、就職・転職のお手伝いをしてきた経験を通じて、現在、海外で活躍する / したい和食料理人をサポートするキャリアサービス『FindChef』を展開中。韓国には子会社を設立し、レストランを含む海外進出のコンサルティングも行っている。

SEARCH
ARCHIVES
TAGS
OTHERS
料理人の残念な求職活動-求人に対するメールでの問い合わせ
 料理人の皆さんの中には、「パソコンを使わない」「どうも苦手」という方もまだまだ多いですね。ただ求職活動をする際、インターネットでの検索、Emailの利用は、いまや必須。使うか使わないかで、要する時間、収集できる情報量等に大きな違いが出てきます。

 当社にも毎日、多くの方からEmailでの問い合わせ・履歴書送付等がありますが、中には頭を傾げてしますEmailも結構ありますね。

 こんなメールで求人先企業に問い合わせ、応募をしているのかなあと思うと、求職活動に苦戦するだろうな~と・・・。

 Emailだと気が緩むのでしょうか・・・

 代表的なものとしては、以下のようなことが挙げられます。

 1.自分の名前を名乗らない。

 2.要件だけをぶっきらぼうに記載。
   たとえば、
    ①「海外で働きたいので、連絡ください」
    ②「求人番号●●●のレストラン名を教えてください」
    ③「海外の仕事を紹介してください」

 3.問い合わせをしてきているにも関わらず、メール返信をするとメールが弾かれる。
   さらには電話番号の記載もない。特に携帯の方は、受信メールの設定に注意!

 これらは、実際の例のいくつかですが、ご自身が採用担当だったら、どうでしょうか?

 メールで問い合わせるにしても、その段階から見られている、つまりは選考が始まっているぐらいに思っておいて損はないですね。


料理人以外の外食関連職種の求人
 最近、レストランマネージャーやホール責任者、サービススタッフ、数店舗を統括するスーパーバイザーといった職種で日本人を採用したいという問い合わせも増えているように思います。

 それにはさまざまな背景があるのだと思いますが、その一つに日本の外食が積極的に海外に出て行っているということもあるのだと思います。

 料理人だけでなく、日本的なおもてなしの心、サービスが合わさり、イメージに近いレストランになっていくということですね。

 こちらは、料理人のポジションと違い、そのほとんどが語学要ですが、これから海外に出たいという方、すでに海外で働いている方、ぜひご連絡をお待ちしております!


GW中の営業
 もうすぐGWですね。海外に長くにいらっしゃる方々は、GWの感覚も薄れてきているかもしれませんね。

 当社は暦通りの営業となりますが、GW中にメールにてお問い合わせいただく場合は、ご返信に少し時間がかかる場合があるかもしれません。あらかじめご理解くださいますようお願いいたします。


最近の案件状況
 今年に入ってから、日本人の料理人を採用したいというお声が例年に比べ増加しているように思います。

 特に多いのは、やはりアジア圏ですね。圧倒的です。

 シンガポールや香港は相変わらず活発、インドネシアやインド、ベトナム、フィリピンあたりも結構動きが出てきていますね。

 中国本土は、昨年の反日デモ以降、静かになった感じがします。今年に入ってからは、PM2.5の報道もあり、料理人の皆さんも中国を敬遠する動きが出てきているように思います。

 既にに和食がしっかり定着しているところ、経済的に元気なところ、外国からの投資が積極的に入ってきているところ(特に日本企業の進出が増えているところ)、且つビザ取得が可能なところということになりますね。その辺りが料理人にとってもチャンスが多い国ということになりますね。


犯罪経歴証明書(無犯罪証明書、警察証明書)2
 以前、このブログでも犯罪経歴証明書について、記載しました。
私自身も過去にこの書類を取得したことがあるのですが、今回、再度その必要性が出てきましたので申請しました。申請から取得までを解説しますね。

 まず、申請先ですが、日本国内に居住している方の場合(日本国内に居住、もしくは海外に出ているが日本国内に住民登録をしたままの状態の方)、申請者本人が住民登録をしている各都道府県の警察本部となります。近くの警察署では申請できませんので注意が必要です。

 申請に必要なものは、以下の通り。

  1.パスポート

  2.運転免許証、住民票の写し(発行から6ヶ月以内)、
    住民票記載事項証明書(発行から6ヶ月以内)のうちのいずれか。

  3.証明書の発給事由に該当するか否かの確認に資する文書
    (提出先機関等からの要求文書または必要事項が記載された
     ビザ申請書など)

 これらを持参します。

 申請窓口にて犯罪経歴証明書の申請のために来た旨を伝えると、上記2のいずれかの提示を求められ、同時に申請書を渡されます。申請書を記載した後は、指紋の採取をします。左右全部の指についてです。

 最後に交付日が記載された受領証を受け取り、その日以降に取りに受け取りに来るように言われ、これにて申請は終了。私が行った際には、他に申請者がいなかったこともあり、申請に要した時間は15~20分程度でした。交付日までは、申請からちょうど一週間でした。

 物が物だけに、申請は申請者本人が出向く必要があります。また証明書の受け取りも基本は本人です。海外出張等のやむを得ない理由で本人がいけない場合は、代理人による受領が可能とのことで申請するときにその旨伝える必要があるようです。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37