<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE

1990年より、日本、アメリカ、香港、韓国の4カ国にて人材ビジネスに従事。これまでの海外生活と国際間の人材採用、就職・転職のお手伝いをしてきた経験を通じて、現在、海外で活躍する / したい和食料理人をサポートするキャリアサービス『FindChef』を展開中。韓国には子会社を設立し、レストランを含む海外進出のコンサルティングも行っている。

SEARCH
ARCHIVES
TAGS
OTHERS
料理人のための英語留学
 FindChef-Agentの事業を開始してから長年にわたり料理人の皆様の海外転職をお手伝いしてきましたが、当時から思い続けていることがあります。
それは「海外で働きたい」「海外にチャレンジしたい」と思っているのになぜ語学を勉強しないのだろうか?英語を勉強している方々がどうしてこんなにも少ないのか?言葉がわからずして、どうやって海外で働こうと思っているのだろうか・・・?ということです。

 もちろん日本の外食企業が海外で展開している店舗や日本人オーナーのレストランでは日本語だけでもOKというポジションもありますし、外国人でありながら日本語ができるというオーナーや現地で日本語ができるスタッフが容易に採用できる国もあったりしますので、日本語だけでそのチャンスを獲得できるケースももちろんあります。

 ただ、語学ができればさらに活躍の場は広がり、良い待遇を得やすいというのも事実です。

 料理人として日本で働きながら英語を勉強していくことはかなり大変なことは事実ですが、少しずつでも勉強していってほしいと思います。

 当社では、これまで料理人の方の英語習得のため、何か良い方法、ツールはないものか・・・?と考えてきました。

 日本で英語学校に通うには時間やコストの問題があります。これらを解決する方法としてインターネットでのオンライン英会話もありますね。単価もかなり安く、自身のスケジュールに合わせた受講も可能ですので、時間・コストの問題は解決しますが、料理人の方々からはこれもモチベーションの維持ができないといったお声を耳にします。

 であれば、いっそのこと海外に出てしまった方が早いか・・・ということになりますね。

 そこで当社としては「料理人の英語留学」としてフィリピンへの語学留学サポートに取り組んでみることにしました。フィリピンは、留学コスト(授業料や滞在費等)が他国に比べて安いことが最大のメリット。

 今いくつかの現地の英語学校と一緒にキッチンで使う・接客で使う英語や調理用語等を組み込んだ日本人料理人のための英語プログラムを作っていけないかを検討しています。

 もうすぐ具体的なご案内が可能になると思います。


日本産品の海外調査 モニター募集!
 当社では、日本産品の海外調査 モニターを募集します!

 世界的な健康志向の高まり、和食の世界遺産登録などを背景に和食レストランの数は急増していますが、日本の食材等を含めた食関連の商品においては、それほど大きな経済的な恩恵は受けていないと言われています。

 当社では、このような状況を打破するためには、海外で活躍するプロの日本人料理人のお声を活かした商品開発や販売戦略の構築等が必要であると考え、料理人のモニター制度をスタートすることにいたしました。

 モニターになっていただく方々には、世界の和食マーケットに向けてビジネス展開を検討する日本企業の商品について、アンケートや試食、ヒアリング等の各種調査にご協力いただきます。

 もちろん調査にご協力いただいた方々には、謝礼をお支払します。謝礼は、案件ごとに異なりますので一概には申し上げられませんが、積極的にいくつもの案件の調査にご協力いただくことで、ちょっとした副収入になるのでは?と思っています。

 モニターは事前登録制としますので、ぜひご登録をお願いします!

 詳しいご案内は、こちらから↓

http://www.findchef-agent.jp/monitor.html



ブラックリスト6
15.ノルウェー、レストラン名=Barekoza

バングラデシュのビザ
 FindChef 社長日記、だいぶサボってしまいました・・・すみませ~ん。

 バングラデシュに行かれる方がいらっしゃいます。ビザの取得も完了しました。

 ビザは↓こんなです。バングラデシュに行かれる料理人の方は多くはないので、参考までに!



バングラビザ写真.jpg
外国人観光客の増加と料理人
 日本国内ではインバウンド市場が盛り上がっていますね。昨年の訪日外国人数は、19,737,000人に増加、なんと45年ぶりに出国日本人数を超えたとか・・・。街でも大型バスから降りてくる外国人の姿を良く見るようになりましたね。

 特に目立つのは中国人の買い物。「爆買い」という言葉で表現されますが、もちろん注目されているのはこの爆買いだけでなく、和食も大きな関心事ですね。

 さて、この空前の訪日観光ブーム、今後、料理人のキャリア市場にも何らかの影響が出てくるのでしょうか?

 皆様の海外就職をお手伝いしている立場から申し上げれば、私が注目しているのは、以下の2点です。

 1.日本を訪れた外国人が日本で本物の和食に触れ、本国に戻っても
   和食を食べる機会が増加。本物を食した外国人は、外国人調理師
   が調理する和食ではなく、日本人が調理する本物の和食を食べた
   いと思う?そのような客層を取り込むため日本人シェフを
   雇いたいという声がより一層高まるか?

2.日本国内においても、外食系企業が旅行会社と組んで訪日外国人
  専用のレストランをオープンしたり、ハラルに積極的に対応したり
  といったニュースも目にするようになりました。海外経験のある
  料理人や語学ができる料理人の採用ニーズが日本国内でも顕在化
  していくか?

 こんなようなことで、海外、国内を問わず、料理人の活躍の場がますます広がりを見せると良いですね。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37