Calendar
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Career Consultant Profile
キャリアコンサルタントのプロフィールをご紹介致します。
  • 多辺田 喜好(タベタ キヨシ)
  • 中津川 泰弘(ナカツカワ ヤスヒロ)
  • 許 志恩(ホ ジウン)
Search this site.
Tags
Archives
Recent Comment
Others
KJ-JOBサイトのトップページへ

JLPTとJPT

 4月のキャリアコンサルタントの日記にて、韓国語の能力を測るものとして、韓国語能力試験とハングル能力検定について書きました。

 今回は、逆に日本語の能力を測る物差しとしての試験・検定について見てみたいと思います。韓国人の皆さんが受験するものとしては、Japanese Language Proficiency Test (通称JLPT)とJapanese Proficiency Test (通称JPT)がありますね。日本語ではどちらも「日本語能力試験」です。この2つの違いは、ちょっとわかりにくいかもしれませんので簡単に解説しておきますね。

<JLPT>
 国際交流基金と日本国際教育支援協会の2団体が共催で開始した試験で、日本語を母語としない方の日本語能力を測定し、認定する試験として1984年に開始されました。
試験開始初年度は、15か国で実施され、7,000人が受験したとのことですが、2011年には62の国・地域に広がり、約61万人が受験する世界最大規模の日本語試験になっています。
試験は、N1、N2、N3、N4、N5の5段階のレベルがあり、試験問題はレベルごとに作られています。試験結果は、各レベルの合否となります。

<JPT>
 1985年に韓国で始まった日本語の試験です。韓国のYBM/si-saと日本の駿台グループが開発した試験です。そのような背景から、日本語を母国語としないビジネス関係者や日本語学習者を主な対象としてはいますが、受験者は在韓の韓国人が多いと言えます。
ただ2004年からは、日本でも実施されています。テスト結果は合否ではなく、10点から990点までのスコアで評価されます。

(多辺田喜好)

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

「仕事に必要な能力」就活生と会社員で認識にズレ

 仕事に必要な能力に関して、就活生と会社員がそれぞれどのように考えているのか?についての韓国の調査結果です。

 20~30代の大卒会社員は、仕事に必要なスペックとして「コンピュータ活用能力」(77.5%)、「スピーチ能力」(48.9%)、「業務資格証」(38.1%)などが業務遂行に役立つスペックだと回答、「英語の点数」(23.0%)、「海外留学経験」(10.6%)などは相対的に低いという結果となりました。

 これは、世論調査専門機関が大企業、公企業、金融機関、外資系企業の20~30代の大卒会社員800人を対象に実施したアンケート調査のデータです。

 一方、就活生は「英語の点数」との回答が69.2%で最も多く、「資格証」が64.5%、「単位管理」が57.8%などとなり、会社員を対象としたアンケート調査と開きが見られたとのこと。(全国経済人連合会が昨年4月に就活生815人を対象に調査した結果です。)

 最近の韓国の大学生は、日本の大学生に比べ、語学を一生懸命に勉強しているように思います。韓国人大学生の履歴書を見ていると、TOEICの点数が高い学生も多いですね。新卒採用の選考としてTOEICの点数で足切りをしている企業もありますから、まずは語学ということになるのかもしれませんね。

 ただ注目すべきは、会社員の77%は英語の点数は業務に役立たないと答えているとのこと。その理由としては「英語を使わない業務を担当している」(53.9%)、「点数は高くても実際の実力が良くない」(20.8%)、「英語が必要な時には通訳など専門スタッフを使う」(16.9%)などが挙げられています。

 就活生の皆さんは、この結果、どのように受け止めますか?

 仕事に必要な能力について挙げられる各項目は、日本と韓国とでは異なると思いますが、就活生と会社員とでこの認識が乖離しているのは同じでしょうね。

(多辺田喜好)

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

「韓国語能力試験」と「ハングル能力検定」

 「韓国語能力試験、46カ国で過去最多7万人が受験」という記事を目にしました。現在、この韓国語能力試験は、46カ国 226カ所で実施されており、受験者は、昨年1月時点で累計100万人を超えたとのこと。1997年に4カ国で初めて実施されたということですから、結構な広がりようですね。これも韓流エンタメが大きく寄与しているのでしょうか・・・。長年、韓国関連の仕事をしていますが、46カ国で実施されているほどとは知りませんでした。

 当社では、韓国、韓国語に関連した人材サービスを行っていますので、多くの方々の履歴書を拝見しますが、書類上で日本人の韓国語能力をアピールする材料としては、韓国留学経験や韓国滞在歴等、もしくは韓国語の試験結果ということになりますね。韓国語の試験としては、「韓国語能力試験」と「ハングル能力検定」ということになりますね。

 韓国に留学もしくは仕事で滞在している、滞在していた方々は、「韓国語能力試験」の結果を記載している方々が多いですね。

 これは、次のような違いがあるからであると言って良いと思います。

 「韓国能力試験」 - 韓国語を母語としない外国人・在外韓国人を対象に、韓国語能力を測定・評価する国家(韓国)試験である。

 「ハングル能力検定」 - 日本で韓国語の検定試験を行う団体として設立されたハングル能力検定協会が開発、実施しているもので、日本語母語話者を対象とする試験である。

 どちらが良い、悪いということは全くありませんし、自身が韓国語を勉強してきた成果として受験するのであれば、どちらでも良いと思います。ただ、韓国関連の仕事に役立つものとして受験を考えるのであれば、ご自身のキャリアの方向性によって、2つの試験の特長を理解した上でどちらを受験した方が良いのかを考え、選択した方が良いかもしれません。

(多辺田喜好)

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

桜の季節ですね~

 桜の季節になりましたね。西日本では早めの開花となったところもあったようですが、これから4月の初めにかけては気温が高めの予想のようで、今年の開花は全国的に平年並みかやや早くなるようです。

 桜の季節は良いものですが、今年に限っては4月から消費税アップ・・・。高速道路料金もガソリンも何もかもが3%の消費税アップ。私たち一般人には明らかなコスト増・・・です。

 消費税が8%になるわけですが、世界的にはもっと高い国もあるわけで、日本はまだ良い(?)と思うしかないですね・・・。

 ただ、実際のところ内需の大きい日本は、個人消費が冷え込むと景気の先行きに大きく影響しそうで心配です。

 それはさておき、4月から新年度がスタートします。新入社員も入ってくる季節、自分の新卒時代を思い起こし、気持ちを新たに仕事に励みましょう!!!(と自分にも言い聞かせながら・・・笑)

(中津川泰弘)

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

最近の求人動向

 今年は東京でもかなり雪が降りましたね。寒い日が続いていましたが、都内では梅の花が見ごろを迎えつつあるようです。春が近づいてきましたね。今年のソウルも日本同様に寒かったという声を聞きますが、少しずつ暖かくなってきているものと思います。

 さてさて、最近の求人動向です。まず韓国。全体の求人数では例年並みの状況になっています。日系企業の新規の韓国進出は少なめで、求人の数や内容については特に目立った業界や職種はなく、人事異動や退職の為の人員補充で採用の動きが目立ちますね。

 日本での求人は、韓国企業の進出や日本市場拡大のため増員という理由から、求人が多くなっているような印象を受けます。そのためか募集している職種としては営業職が多いです。

 企業のグローバル化は年々進んでおり、商品力や特徴のあるサービスを有している企業は、積極的に国境を越えていくようになりましたね。

 海外進出している企業は、現地では外資系になるわけですから、撤退などのリスクが頭に浮かぶという方もいらっしゃるかもしれません。ただ一方では海外で勝負できる商品力があるとも言えるわけで、入社をしてみると将来性を感じることも多いのではないかと思います。

 実際に就職活動をされた方は感じているかも知れませんが、韓国語が活かせる・求められる求人であっても、国籍や滞在年数等において、ある程度求人の傾向といったものがあります。日本では、日本企業・韓国系企業に関わらず、韓国にて韓国語をしっかり勉強してきた日本人や滞在経験の長い韓国人が求められますね。

 ただ、弊社で扱う求人の中には、語学力さえあればチャレンジできる求人も入ってきたりしますので、まずはご相談いただききたく思います。

 今後の求人数も、気候が暖かくなるにつれ、例年以上にHOTになってくるといいですね。

(中津川泰弘)

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18

このページの先頭へ