Calendar
<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Career Consultant Profile
キャリアコンサルタントのプロフィールをご紹介致します。
  • 多辺田 喜好(タベタ キヨシ)
  • 中津川 泰弘(ナカツカワ ヤスヒロ)
  • 許 志恩(ホ ジウン)
Search this site.
Tags
Archives
Recent Comment
Others
KJ-JOBサイトのトップページへ

韓国で日本語を活かせる求人情報は?

海外で生活をしているとふっと母国に帰りたい・・・、帰ろうかな・・・と思ったりするときがあります。母国にいる家族の病気や怪我、自身の結婚等がそのタイミングとなることも多いでしょう。

いざ母国に帰ろう!と決めた時に、まず気になるのが、「仕事」ではないでしょうか?よほど経済的に貯えがある方は別として、多くの方は帰国後の仕事をどうしよう・・・スムーズに希望の業界や職種、待遇ですぐに仕事に就けるかなあ・・・などと心配になるのではないでしょうか?家族がいれば尚更ですね。

日本にいる韓国人にとっては、できれば帰国後も「日本語が使える環境で仕事したい」、「日本での経験が活かせる仕事がしたい」と思っている方が多数を占めると思います。となると、在韓の日系企業がその大きなターゲットとなりますね。在韓日系企業の求人動向についての情報が欲しいのではないでしょうか?

では、在韓日系企業はどのように人材を募集しているのでしょうか?

欲しい情報があれば、何でもすぐにインターネットで検索すれば良い時代になりましたが、それでも日本にいながら韓国の日系企業の求人情報を探すことは、それほど容易ではないですね。その一つの理由は、在韓日系企業の求人情報は表に出てこないことも多いということです。

当社の韓国法人では、毎年、在韓日系企業に関するさまざまな調査を実施しています。在韓日系企業の採用活動について行った調査では、求人方法は大きく分けて以下の二つ、

1.ジョブサイトに求人広告を掲載
2.人材紹介会社を利用

1で採用活動を行う場合は、日本にいながら求人情報を収集することが可能、インターネット上で応募もできますが、上記2では、どの企業がどのようなポジションで人材を募集しているかは公開されないため、表には出てきません。

会社によっては、いろいろな理由で非公開で求人をするケースもあり、その場合は、上記1ではなく、2で求人をするということなのです。

そのため、人材紹介会社にはインターネットで検索しただけではわからない非公開の求人があると言えます。

在韓日系企業の求人を探すには、インターネットで求人広告を探すだけでは片手落ち、人材紹介会社を含め、幅広く求職活動をすべきですね。

今回は、ちょっと人材会社の宣伝みたいになってしまったかな・・・(笑)


(許志恩)
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

企業が求める人材、「スペック」よりも「SPEC」?

「スペックよりもSPEC」。何やらわかりにくいですが、大韓商工会議所が、韓国首都圏にある企業305社に求める人材像について調査を実施、その結果、求める人材像は「SPEC」ということのようです。

ここでいうSPECとは、

1.誠実さ=Sincerity
2.専門性=Professionalism
3.実務能力=Executive Ability
4.創意性=Creativity

の頭文字をとって「S・P・E・C」とのこと。

調査結果によると、多くの企業が人材に求めることとして「誠実さ・責任感」(回答企業の39.0%)、「専門性」(同30.5%)、「実務能力」(同29.5%)、「創意性」(同29.2%)、「グローバル力」(同25.2%)を挙げています。企業の規模別では多少の差があり、大企業は「創意性」(同36.3%)、「専門性」(同30.4%)、「誠実さ・責任感」(同30.4%)の順となっていますが、中小企業は「誠実さ・責任感」(同42.8%)、「実務能力」(同41.4%)、「創意性」(同27.6%)を求める声が多く見られました。外資系企業では「グローバル力」(同49.0%)と「専門性」(同47.1%)を最も重視しているという結果でした。

新入社員採用時に「人材像」を重視しているという企業は89.2%で「スペック」を重視するという企業の10.8%より圧倒的に多く、新入社員選抜時にスペックが優秀でも人材像に合致しなければ不採用とするかという質問には、回答企業の20.7%が「しばしばそうする」、59.0%が「時々そうする」と答えています。

一方、回答企業の46.5%は新入社員のうち人材像をクリアしている社員の比率は50%を下回ると答えており、新入社員に対する不満を示しており、新入社員に不足するものとして「実務能力」が28.2%で最も多く、「専門性」が21.0%、「誠実さ・責任感」が20.7%などを挙げています。

皆さんは、この調査結果についてどのようにお考えになりますか?
韓国での就職をお考えの方々には、多少なりとも参考になるデータとなるかもしれませんね。

(多辺田喜好)
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

採用における日韓の違い② 「転職理由」

「転職理由」は、採用面接の際に必ず聞かれると言ってもよい質問の一つですね。
企業が転職理由を聞くのは、この人が入社した場合、同じようなことが起こらないか?同じような理由で退職してしまうことがないかを見ていると言えます。応募者の特徴や志向性、仕事に対する考え方を見ているわけですね。

これは日韓共通ですね。
ただ、企業が納得する転職理由は、日韓で若干の違いがあるように思われます。

日本企業の場合は、結構深く突っ込んで聞かれます。単に「スキルアップのため」や「知人に誘われて」「給与がアップするから」という理由では、会社側の心配をさらにあおることになりかねません。

つまり、

「スキルアップのため」⇒ スキルアップできなくなったら辞めてしまうのか?会社はあなたをスキルアップさせるために採用するわけではない。

「知人に誘われて」⇒ 当社に入社後に、また知人に誘われたら?退職してしまうのか?

「給与がアップするから」⇒ 当社の給与より高い給与を別の会社からオファーされたら、簡単にまた転職してしまう?

となるわけです。転職理由は、今までの経験として、業務内容や仕事で重視している事などの一貫性を伝えることが有効です。

一方、韓国企業の場合は、「新たな事に挑戦するため」など、チャレンジ精神を評価する傾向が強く、入社したら活躍してくれる人材かどうか?を転職理由から判断しているように思います。

いずれにしても、自分の仕事の軸のようなものを、しっかりと伝えられるように準備しておくべきですね。

(中津川泰弘)
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

採用における日韓の違い① 「転職回数」

日本企業が中途採用を進めるにあたり、重視するポイントがいくつかあります。そのひとつに転職回数が挙げられます。
転職回数2回まで、3回までといったように具体的な回数にまで応募条件を設定している企業も存在します。皆さんも日本企業の求人広告などで一度ぐらいは目にしたことあるのではないでしょうか?

韓国企業なら、転職回数についてはステップアップの一環として理解してくれたりもしますが、日本企業では、多くの会社に人材をご紹介している私たちでさえ「そこまで気にしますか?」と思ってしまうほど、転職回数を気にしている会社も存在します。

その理由は、どういったところにあるのでしょうか?
企業は、一度入社したらできるだけ長く働いてもらいたいと考えているのに、社内で嫌な事があったり、何か他にやりたいことができたりした場合、すぐに退職してしまうのでは?という不安を持つからであると言えるかもしれません。

これから日本企業への転職をお考えの方は、転職回数も頭に入れながらキャリアを作っていくことを考えた方が良いと思います。
また、既に転職回数が多くなってしまっている人は、企業側が気にする理由を踏まえて、これまで勤務した会社の退職理由及び転職理由を事前にきちんと整理しておくべきでしょう。

(中津川泰弘)
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

韓国人留学生の帰国就職時期と卒業式

「除夜の鐘」を聞いたのが昨日のようですが、1月ももう既に半分を切りましたね。
日本での留学生活を終えて韓国に帰る皆さん、卒業を控えて残りわずかな日本生活ですが、充実した日々をお過ごしですか?
皆さんの中には韓国での就職が決まりゆっくり過ごしている方もいるでしょうし、引き続き希望に合う企業を探すために就職活動をしている方もいるでしょう。
みんな、ファイトです!!

さて、留学生の皆さんが母国に帰って就職したいと思ったときにどんなことが大変かな?と考えてみました。いろんな障害があると思いますが、その一つが入社時期ではないかと思います。
韓国では、大学在学中でも卒業を控えた9月頃以降なら、入社し仕事を始めるケースが多々ありますよね?(もちろん卒業に必要な単位を獲得した方に限ってですが・・・。)

日本にいる韓国人留学生の皆さんの中でも単位を全部取り、すでに韓国に帰って勤務している方もきっといらっしゃると思います。ただ日本の大学の卒業式は、そのほとんどが3月。日本での思い出が詰まった大学生活の締めくくりとして、卒業式にはやっぱり出たいですよね。卒業前の入社となると、多くの方が卒業式に参加するかしないか、参加できるかできないかで多少は悩むようです。
もちろん入社した以上、自分の仕事に責任をもって熱心に業務に臨むことは当然なことですが、採用する企業側もその辺には理解を示してくれるケースが多いですよ。
ですので、あらかじめ企業に相談して3月の卒業式前後の数日はお休みをもらえるよう話してみてはいかがでしょう。かなりの確率でOKをいただけるのではないかと思います。
もちろん、空気を読むことを忘れずに!!ですが・・・(笑)

(許志恩)
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20

このページの先頭へ